お問合せ

いつまで牛を殺すの?最先端バイオ技術で培養食肉を量産する日本発「Shojin Meat Project」始動

途上国の食糧難から宇宙での食料調達まで、人工肉は必ず必要になる BIGSTOCK

コラム
2015.11.18

 人間っていつまで、食べるために動物を殺し続けるのだろう。取材で屠殺場と牛肉加工工場を見学した経験があるが、これまでで最も後味の悪い取材だった。そのときはもう牛肉を食べたくないとまで思ったものだが、でも焼き肉が大好物だったりする。この矛盾こそが人間と言えばそれまでだが、できればこの矛盾を解消したい。ずっとそう思ってきた。

「技術的には肉の細胞を培養して増やすことは可能なんですよ」とShojin Meat Projectの代表の羽生雄毅氏は言う。牛の筋肉の少量の細胞を取り出して、バイオ技術で大量に培養すれば、もはや牛を殺す必要がなくなる。牛の餌を生産するための森林破壊も止まる。夢のような技術だ。研究室レベルでは、この技術は既に確立しているのだとか。バイオ技術はついにそこまで進化したのか。

 ただ「めちゃくちゃ高くなりますが」と羽生氏は笑う。オランダの大学教授が培養肉でハンバーガーを作って試食会を開いたというニュースが2年前に話題になったが、そのとき試食会に出されたハンバーガー1個の値段は、研究費込みで約3500万円だという。

 そこで量産技術を確立してコストを大幅に下げようという試みが幾つか始動している。ニューズウィーク日本語版でも10月19日付の「商品化迫る、人工ハンバーガー」と題する記事で、5年後の一般販売を目指すオランダの科学者グループの話を取り上げているが、日本で同様の目的で挑戦しているのがShojinmeat Projectだ。代表の羽生氏は化学博士で、彼のパートナーは農学博士だ。そのパートナーのバイオ技術を、羽生氏の化学のスキルで量産体制に持っていこうという試みだ。

「ポイントは低価格の培養液を開発することと、3D培養の技術を確立すること。それができれば、量産の体制を組めるはず。試作した培養液での筋肉細胞培養に成功するなど、どちらも目処が立ち、特許化へと動いています。市販されている食肉と同等レベルまで低価格化は可能だと思います」と羽生氏は自信たっぷりに語る。

課題は味と啓蒙

 問題は味だ。果たしておいしい肉が作れるのだろうか。

「肉のおいしさって、筋肉と脂肪の組み合わせ方で決まるんです。その組み合わせのノウハウは既に存在します。肉の成形のプロにもプロジェクトに参加してもらえれば、おいしい肉を作ることは可能です」と羽生氏は言う。

 確かに今でも成型肉は市販されている。筋肉と脂肪を霜降り状態に組み合わせた「霜降り風」の成型肉を食べたことがあるが、確かにおいしかった。

 培養肉も筋肉と脂肪の組み合わせを工夫するだけで、おいしくなるのかもしれない。

 しかし消費者は培養肉を受け入れるのだろうか。遺伝子組み換え植物などバイオ技術で作られた食物には、相当激しい反発がこれまでに起こっている。

「でも培養肉は今後どうしても必要になるんです」と羽生氏は言う。

 アジア、アフリカの途上国、新興国が豊かになり肉食化が進めば、いずれ世界は食糧難になると予測されている。昆虫食を選択肢に入れるべきだという主張さえある。

 また米国の起業家たちは火星への移住を実現させようと真剣に取り組んでいるが、そのためには火星で食品を作り出す技術も必要になるだろう。肉の培養技術はこれからの人類にとって不可欠の技術になるはずだ。

 そして何より、できるだけ殺生したくないという長年の人々の思いに応える技術でもある。

「日本には精進料理という文化がある。できるだけ無駄な殺生はしたくないという東洋的、日本的思いを持って、培養肉の技術を推進していけば、いずれ世の中に受け入れられるのではないだろうか。そうした文化的背景を持つ日本人こそが、この技術を推進すべきではないでしょうか」と羽生氏は主張する。

 精進料理をイメージしたので、プロジェクト名をShojinmeat Projectとした。羽生氏らに賛同するメディアクリエイターなどもプロジェクトに参加してくれた。また、ディスカッションや実験に加わってくれる研究者も探しているという。コンピューターグラフィックスなどのアートや、日本の意見の世界への発信を通じて、殺生のない食文化の啓蒙活動に力を入れていきたいという。

コンテストで優勝 協力を得て加速か

 僕がShojinmeat Projectのメンバーに出会ったのは、株式会社リバネスが開催したアグリサイエンスグランプリの最終選考会。農業水産分野に関係する技術者の起業を支援することを目的にしたビジネスコンテストで、Shojinmeat Projectは最優秀賞とロート賞の両方の賞を受賞した。

 最優秀賞を受賞したことで関係者の注目を集めるだろうし、リバネスから選出されたメンター、パートナー企業と一緒になっていよいよ事業化が始まる。生き物を殺さなくてもいい時代を早く実現してもらいたいと思う。

Newsweek日本版より転載
http://www.newsweekjapan.jp/


Editor's Profile

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。

関連記事