お問合せ

新型iPhone + 5G =AR全盛期到来か!? ポケモンGOのバージョンアップに期待

iStock:Patrick Anenen

コラム
2019.9.2

Gってみんなが大騒ぎしているので天邪鬼な僕はかえってシラケムードなんだけど、AR(拡張現実)にだけは大きな期待を寄せている。特に地図やゲームなどのアプリケーションは、5Gのおかげで大きく進化する可能性があると思う。

例えばポケモンGO。何年か前に社会現象になるほど大ヒットしたスマホゲームだけど、当時ポケモンGOARゲームと形容されることがあった。でも実際には、カメラ越しの現実世界に映し出されたポケモンにポケモンボールを投げつけてゲットする程度のアクションしかない。この程度の仕組みでARゲームって呼んでいいものかと思ったくらいだ。

このYouTube動画はポケモンGOを大ヒットさせた米ゲーム会社Nianticが作成したものだけど、この動画の中で同社のCTOのPhil Keslin氏が、5Gの高速通信と時間差のなさを利用した画期的なゲームを開発中であると語っている。

同氏によると「ARこそが5Gのキラーアプリだ」と言う。

実際に仮想ピカチュウが現実空間の中を走り回っている映像がこの動画に含まれているけど、確かに5GになってポケモンGOのゲームの表現力が格段に高まれば、このゲームが再び大ヒットする可能性がある。既に世界の通信事業者とも協議を進めているのだとか。通信事業者にとっても5Gの目に見えるようなメリットが欲しいところだろうからNianticと協力して、ポケモンGOが流行るような仕組みをいろいろ仕掛けてくるかもしれない。

一方、AppleCEOのティム・クック氏は次の大きな技術の波はARであると以前から断言している。近く発表になる新型iPhoneはカメラ部分が大きく改良されると言われている。高性能ARに不可欠の深度センサーも装備されるという噂だ。

GoogleAndroid向けに歩行者ARナビ「Live View」ベータ版を限定提供中だが、一般公開後には一部iPhoneでも利用できるようになる。またAppleも同様のARナビ機能を開発中と言われている。

まずはiPhoneARアプリが出揃った時点で、Appleはスマートグラスを発売してくることだろう。

Gって自動走行車や製造業に大きなインパクトがあると言われるけど、C向けではゲームや地図などのARアプリケーションがおもしろくなるかもしれない。

★優秀な仲間たちと社会課題を解決しよう

エクサウィザーズ の強みは、技術力xビジネスセンス。社会課題の解決に向け急成長中。エンジニアだけではなく、ビジネスサイドの人材も必要なんです。チャレンジ精神旺盛な方大募集です。

集え!社会を変えるウィザード達

 


Editor's Profile

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。

関連記事