お問合せ

AIで変わるホワイトカラーの仕事

出典:CBInsights

2018.2.20

産業革命はブルーカラーの仕事を奪い、AI革命はホワイトカラーの仕事を奪うと言われる。もちろんすぐにすべてのホワイトカラーの仕事がなくなるわけではないが、幾つかの業務領域ではAIの普及が既に始まっている。また今後AIがさらに進化すれば、業界の形が大きく変化するとみなされている領域もある。

例えば法律関係の領域。自然言語処理技術がさらに発達すれば、人間だと読むだけでも何日もかかるような書類を、AIなら数分で要約を作成できるようになる可能性がある。

プログラミングの領域では、テストや、デバッグ作業、フロントエンドの開発などといった作業を自動化しようとするベンチャー企業が幾つか登場している。大きな出資を受けて話題になった英国のDiffBlue社は、1つのプログラム言語で書かれたプログラムを、別のプログラム言語に自動的に書き換える技術を開発している。

一方ヘルスケアや教育の領域は、おもいやりなど、AIでは実装不可能とされる要素が必要な領域。なのでAIによる完全自動化は無理と言われ続けてきた。しかし教育の領域では、AIを使ったテスト採点や、外国語レッスン、作文添削など、教師を支援するようなサービスを開発したベンチャー企業が幾つか登場してきている。

【出典】CBInsights
 >> Artificial Intelligence Trends To Watch In 2018

関連記事