お問合せ

量子コンピューター実用化に貢献した企業に100万ドル=米Rigetti社

2018.11.1

量子コンピューターは、ビジネスの世界でいつ実用化されるのだろう。実用化は「量子アドバンテージ」が達成されたときから一気に始まると言われている。

量子アドバンテージとは、実社会の課題をこれまでのコンピューターより①精度よく、②より速く、③より安く解決できるということ。生物学や科学、機械学習の分野で、量子コンピューターは既に実験的に使われ始めているが、より大事なのは実社会の課題に対しコストパフォーマンよく利用されるということ。実社会の課題を解決して初めて、量子コンピューターの時代が始まったと言える。

その量子アドバンテージの時期を少しでも早めようと、量子コンピューターベンチャーの米Rigetti社が、量子アドバンテージの達成に貢献した個人や企業に賞金100万ドルを贈る「Rigetti量子アドバンテージ賞」プロジェクトを発表した

Rigetti社では、量子アドバンテージを達成するには3つの要素が不可欠だと考えている。1つは量子コンピューティングのハードウェア。それはRigetti社が、同社のクラウドサービスQCSプラットフォームを提供する考え。

2つ目は、実社会における課題。どのような社会課題が量子コンピューターで解決できるのか。同社では2019年に、量子コンピューターで解決できそうな社会課題の最初のリストを発表するとしている。

3つ目は、Rigetti社のハードを使って社会課題を解決するのに必要なソフトウエアや、それを開発する開発者のコミュニティ。このコミュニティで大きな成果を挙げて、量子アドバンテージを達成することができた個人や企業に賞金を贈るのだという。

Rigetti社は、あと2年から5年で量子アドバンテージが達成されると予測している。

このあと、どのような社会課題が提示されるのか。そして実際にそれが本当に2年から5年で解決されるのか。Rigetti量子アドバンテージ賞の行方を見守っていきたい。

★優秀な仲間たちと社会課題を解決しよう

エクサウィザーズ の強みは、技術力xビジネスセンス。社会課題の解決に向け急成長中。エンジニアだけではなく、ビジネスサイドの人材も必要なんです。チャレンジ精神旺盛な方大募集です。

集え!社会を変えるウィザード達

【出典】rigetti
 >> The Rigetti Quantum Advantage Prize

関連記事