お問合せ

AIが作った香水、ブラジルで発売

2019.7.30

ドイツの放送局Deutsche Welleによると、AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合データなどを基に、いろいろな成分の配合パターンをAIがレコメンドし、それをベースに調香師が配合を調整した香水を幾つか用意した。消費者グループの人気投票の結果、調香師の調整なしのものが最も人気が高かったという。

このプロジェクトを進めたのは米IBMリサーチ社と、フレグランスメーカーのSymrise社。両社の合同プロジェクトとして、香水を作るAIPhilyra」を開発した。

調香師は約1300もある香りの元を組み合わせることで、香水を作る。具体的には、花や苔、スパイス、フルーツのほか、人工的に作られた香りの元などを組み合わせるのだという。Symrise社には、これらを組み合わせた170万件もの香りのレシピのデータベースがあり、これをAIに読み込ませた。またどの香水が、どういった年齢、性別、国籍のグループに購入されてきたかというデータもインプットし、それをディープラーニングというAIの手法で学習させた。

今回はブラジルのバレンタインデー(6月12日)に若者向けに香水を発売するという目的で、AIがこれまでにないような配合レシピを提案させた。また新製品に対する消費者の反応も予測させた。

Symrise社では、結局3つの製品を開発。1つは、AIの提案を参考にしながらも調香師が配合した香水。2つ目は、AIの提案通りに配合したものを調香師が少し調整した香水。3つ目は、AIの提案通りに配合した香水。

ユーザーグループに3つの香水を試してもらったところ、AIの提案通りに配合した香水が圧倒的に人気だったという。

人間は成功体験をベースに同じようなことばかりする傾向があるが、AIは人間が思いも寄らないような突拍子もない提案をするもの。AI自身に嗅覚はなくても、過去のデータから今までにない製品ができるもんだなって思った。ひょっとすると香水以外の領域でも、大量のデータさえあればAIが新商品を開発できるかもしれない。

 

 

 

 

 

★優秀な仲間たちと社会課題を解決しよう

エクサウィザーズ の強みは、技術力xビジネスセンス。社会課題の解決に向け急成長中。エンジニアだけではなく、ビジネスサイドの人材も必要なんです。チャレンジ精神旺盛な方大募集です。

集え!社会を変えるウィザード達

 

関連記事