お問合せ

アレクサアプリで催眠術、痛みの緩和や禁煙に効果=Reveri Health社、TransTech2019から

2019.11.21

「痛みは脳の中にある。なので痛みは催眠術で軽減できる」。シリコンバレーで開催されたTransTech Conference2019に登壇したスタンフォード大学のDavid Spiegel博士は、催眠術の専門家。40年以上の経験を基に、ユーザーに催眠術をかけることのできるアレクサアプリを開発したところ、痛みの緩和や禁煙などに大きな効果が見られたという。

同博士によると催眠術は、脳内の前帯状皮質の活動を低下させ、1つのことに意識を集中させるとともに、背外側前頭前野皮質に働きかけて、痛みの感覚を制御し、自分への意識の集中を緩和することができるという。

同博士らが開発したアレクサアプリReveriを搭載したAmazon Echoなどのデバイスに対し、「アレクサ、痛み緩和の催眠術を始めて」と話かけ、痛みを麻痺させたり、心地よい場所にいるような感覚になるような催眠術を始めてくれるという。

試したユーザーからは「とてもリラックスした。このままの状態でいたい」「ただ話かけられるだけではなく、インタラクティブなのがいい」「鎮痛剤を飲んでいないのに、飲んだような感じになる」などといった好意的なコメントが寄せられているという。

3カ月続けたユーザーの痛みの段階は、10段階の6から4.5まで低下したという。

また催眠術を使った禁煙アプリでも効果が出始めているという。

「怪しいアプリかなと思ったけど、自宅でリラックスすることができた。なにかのスイッチが入ったような感じ。タバコを吸いたいと思わなくなった」「30年間の喫煙の習慣を止めることができた。信じられない」というようなコメントが寄せられたという。

1カ月続けた人の中で完全に禁煙できた人は14%だが、1年続けた人の中でタバコを吸わなくなった人の割合は67%にも上ったという。

同博士は「脳は身体に大きな影響を与える。このほかにもストレス管理、決断力養成、不眠症、ダイエットなど、数多くの問題をアレクサアプリで解決できるのではないかと考えている」と語っている。

同博士らが立ち上げたReveri Health社では、今後もいろいろな問題を解決するための催眠術アプリを開発していくとしている。

TransTech Conference2019関連記事

人類の意識進化を促進する脳への直接刺激技術にブレークスルー、10年以内の実用化目指す=TransTech2019から

TransTech Conference2018関連記事

AIが進化するなら人間も進化しなきゃ Transformative Technology Conferenceに行ってきた

「元気をもらう」の正体は心臓から出る電磁場 TransTechカンファレンスから

マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類が目指す自己超越とは TransTech Conferenceから

「悟りってどんな状態?」悟った50人に心理学的手法で詳しく聞いてみた結果とは TransTech Conferenceから

瞑想4カ月で7割の人が悟りの領域に!?TransTech Conferenceから

テクノロジーで瞑想を不要に TransTech Conferenceから

 

★優秀な仲間たちと社会課題を解決しよう

エクサウィザーズ の強みは、技術力xビジネスセンス。社会課題の解決に向け急成長中。エンジニアだけではなく、ビジネスサイドの人材も必要なんです。チャレンジ精神旺盛な方大募集です。

集え!社会を変えるウィザード達

 

関連記事