お問合せ

AI新聞とは

AI新聞は、株式会社エクサウィザーズが運営するWebメディアです。

エクサウィザーズが得意とする領域に関するニュースや解説を中心にお届けするつもりですが、それだけにとどまらず、AIが切り開く新しい時代のワクワクするお話を楽しく掲載していきたいと思います。

明るくワクワクする未来に向かって、一緒に進んでいきましょう!!

AI新聞3つの特徴

2歩先の未来を読む少人数制勉強会TheWave湯川塾の塾長が執筆

世間で気になるAI関連のニュースを編集長のコメントつきで解説

最先端ビジネスパーソン向けにAI情報を発信

メンバー紹介

編集長:湯川鶴章

今はソフトウェアとAIって、別物のように扱われてますが、いずれすべてのソフトウエアは、AIベースになっていくと思うんです。そして、社会のいろいろな場面で使われるようになっていく。
そんなソフトウェアをいろいろなテーマを楽しく取り上げたいと思ってます。

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。

ライター:石塚集

テクノロジーが進歩するのであれば、それを使う人間もまた変わらなければなりません。 テクノロジーが環境と一体になれば、人間は無意識のうちにその影響をうけていきます。 技術そのもの、開発者のパーソナリティ、社会への効果、そして変化への準備などをお伝えできたらと思っています。

ヘルスバンク株式会社 代表取締役 / 編集者・ジャーナリスト/神保町サロン主催/TheWave湯川塾の事務局担当
大学卒業後、医療系出版社入社。2010年に独立し、ヘルスバンク株式会社を設立。医学系論文調査、サイエンスライティング、メディカルイラストレーション、生物統計解析など医学分野におけるサービスを主に展開している。取材記者としても、社会保障制度(診療報酬や介護報酬)や臨床現場の取材を担当。執筆・情報提供媒体は、医薬業界紙、一般紙など。2016年から神保町サロンを主催し、テクノロジー、哲学や東洋思想などをテーマにサロンやイベントを行っている。